地盤工学研究室

〝学生発表〟を追加・更新しました。

〝学生発表〟を追加・更新しました。

Chanchayanon, Thiti (D2) et al.:
Optimization of Geothermal Heat Pump Systems for Sustainable Urban Development in Southeast Asia,
Smart Cities, MDPI, Vol. 7, Issue 3, pp. 1390-1413, DOI: doi.org/10.3390/smartcities7030058, 2024-6.

——————

本橋俊之(D2)・他:
薬液に含まれる希硫酸がコンクリートに与える影響について,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,V-335,仙台市,2024-9.発表予定

丛煜昕 Cong Yuxin(D2)・他:
クリギング法を用いた地球統計学的手法による地盤情報の空間分布推定,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-58,仙台市,2024-9.発表予定

何凱宸 He Kaichen(M2)・他:
東京湾岸部の地価形成要因分析:ヘドニックアプローチによる地盤状況と生活利便性の評価,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第IV部門,IV-144,仙台市,2024-9.発表予定

加藤遥馬(M2)・他:
廃ガラス微粉末と高炉スラグを用いた流動化処理土の強度特性,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-425,仙台市,2024-9.発表予定

染谷 明(M2)・他:
有限要素法と機械学習を組み合わせたハイブリッド手法による地盤内薬液浸透挙動の予測,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-287,仙台市,2024-9.発表予定

髙砂宏太朗(M2)・他:
液状化リスク予測のための機械学習手法の開発と東京都江東区での検証,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,CS-14,CS14-62,仙台市,2024-9.発表予定

竹本隆一(M2)・他:
建設発生土を有効利用する複合杭基礎構造の開発における引抜き特性の評価,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第VI部門,VI-341,仙台市,2024-9.発表予定

勝海有紗(M1)・他:
AIによる液状化リスク予測の高度化とハザードマップの作成,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-57,仙台市,2024-9.発表予定

鈴木誠生(M1)・他:
都市基盤の再生に向けた地中既存杭の補強・再利用技術の効果予測,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-367,仙台市,2024-9.発表予定

園田尚平(M1)・他:
液状化現象への薬液注入工法効果検証と地盤内挙動の可視化,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第III部門,III-282,仙台市,2024-9.発表予定

中野隆介(M1)・他:
建設発生土の流動化処理におけるCO2固定化技術の展開,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第VII部門,VII-42,仙台市,2024-9.発表予定

丸 航平(M1)・他:
石膏系固化材を活用した流動化処理土の性能向上,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第VI部門,VI-903,仙台市,2024-9.発表予定

森田航平(M1)・他:
杭抜き孔の土砂転圧式埋戻し処理が地盤内変位に与える影響の評価,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第VI部門,VI-1141,仙台市,2024-9.発表予定

諸田歩美(M1)・他:
建設汚泥リサイクルによる劣化農地土壌の物理化学的性質の改善とSDGsへの貢献,令和6年度土木学会全国大会(第79回土木学会年次学術講演会),土木学会,第VII部門,VII-55,仙台市,2024-9.発表予定

上部へスクロール